こんにちは、プロフェソーレ・ランバルディ静岡の大橋です。

前回、鞄にまつわる小話というブログを書いてから、すっかり時間が経ってしまいました。本当はすぐにでも紹介する予定だったのですが、大事なものというのはどうも勿体ぶってしまう癖がありますな。

今日はついに、当店で取り扱いを開始するバッグブランド《AUGUSTO》アウグストのご紹介です。

ローマで出会った老舗バッグ工房

さてこれほどまでに強くナポリを愛し、実に押し付けがましくごり推しする私ですが、実は同じくらいこのローマという街には思い入れがあります。

ナポリという街はある意味で「生きた文化」そのものと表現して良い場所でしょう。

決して未来を行くような出来の良い場所ではありませんが、他のヨーロッパのどの街にもない熱狂的なエネルギーがある。常に自分たちの文化が世界一だと信じ、住んでいる全員がその担い手です。

それに対してローマは、また全く異なる性格の街です。

観光客が多く日本人もたくさん訪れる街ですが、何よりもローマは優雅で、美しく、そして格調高い。イタリア中のどの都市を回っても、ローマに似た街というのは存在しないでしょう。

古代ローマ時代の遺跡が堂々と残り、その周囲をバロック時代の建物や、ベルニーニの彫刻が彩る。バルやレストランが連なり、その間を埋めるようにラグジュアリーなブティックや、伝統的なショップが並んでいる。

たかsそして何よりも特徴的なのは、驚くほどエレガントな紳士達が、実に美しいスーツ姿で忙しく行き来していることです。

デニムにジャケットを羽織って携帯電話とタバコだけ手に持ったナポリの洒落者たちと比べると、ずいぶんとクラシックです。そしてもう一つ全く違う点といえば、彼らが美しいレザーのバッグを持っていることでしょう。

 

理由は簡単、ローマは安全だから。(ナポリの洒落者も美しいレザーのバッグを持ちたいが、治安が悪くて持てないのですな)

今回取り扱いを開始するAUGUSTO アウグストはまさに、そんな彼らが愛用するバッグブランド。

1950年代に創業したAUGUSTO アウグストは、ローマ市内に数件だけ店舗を持ち、郊外の小さな工房でローマ出身の熟練した職人たちが作り上げるブランドです。

オーナーは2人の兄弟。父親から工房を受け継いだ二人は実に真面目な雰囲気です。(ナポリ訛りの怪しいイタリア語を話す私を、よく受け入れてくれました

ローマ市内の店舗は、彼らの娘や姉、妹たちで運営しているということで、典型的な家族経営のブランドですね。

現地では人気な店なのですが、知名度は低く日本で売っているはずもなく、当店が唯一取り扱いをすることになりました。

AUGUSTO アウグスト カジュアルに使える2モデル

今回ご紹介するのはトートバッグの《Navona》ナヴォナと丸みを帯びたハンドバッグの《Condotti》コンドッティです。

レザーはどちらも美しく丈夫なトゴ(型押し牛革)を採用しています。これは傷がつきにくく、光沢があって使い込むことによってさらに柔らかくなっていくレザーです。しかし厚みがあるので型崩れしにくく、バッグの美しさを何年も保ってくれます。

内側には今時珍しく、なめらかな本革の天然スウェードを使用しています。

AUGUSTO アウグストはもともとアルカンターラを使用していましたが、本革の美しさを追求していくことで、結果天然のスウェードを採用したとのことです。

それでは、それぞれのモデルの特徴を見ていきましょう。

Navona ナヴォナ

ナヴォナというのはローマの広場の名前で、旧市街を代表する美しい場所。ベルニーニの彫刻が存在感を放つ広場はレストランやバルで囲まれ、夕方や休日にはアペリティーヴォを楽しむ紳士達やカップル、家族連れでいっぱいになります。

このNavona ナヴォナはまさにそんな広場で過ごす優雅なひとときに使いたくなるようなバッグ。

伝統的なバーキンのスタイルを元にしつつもフラップを無くし、より使いやすくしています。とはいえ真ん中の仕切りにはファスナー付きのポケットがついているので、大事なものを無くす心配もありません。

また左右からバッグを包むようにデザインされたベルトは、美しいアクセントでもありますが、実用的な機能でもあります。

ベルトを解放することでバッグの容量が一気に増えて、買ったものを入れたりすることもできるのです。

ちなみにこのバッグはちょうどバーキン40のサイズに当たりますが、それよりもマチが狭いことが特徴です。またハンドルも短く、やや太くなっているので堂々とした雰囲気となっており、男性が気兼ねなく使えるようになっています。

食事に行く時、休日に出かけるときにジャケットと合わせやすいちょうど良いカジュアル感です。

Condotti コンドッティ

それに対してこのコンドッティは、丸みを帯びたブリーフケースといった雰囲気。このバッグはボリードがベースになっていますが、かなりマチが薄くなっています。

きっちりと自立する仕様になっており、何も入っていない入っていないときでもシルエットがしっかりと保たれます。

個人的にこのバッグは非常に気に入っていて、ノートパソコンだけを持ち歩くときなど実に重宝しています。容量は非常に多いわけではありませんが必要なものはしっかり全て入りますし、何よりも美しい。

ボディがなめらかな曲線を描き、それを美しいステッチで閉じ込める。まるで繊細なカーブを描く60年代のスポーツカーのようです。

サイズはブリーフサイズで標準的な幅40cm。ハンドルも短めでマチが薄いので、男性が持ってぴったりのバランス感です。

ボリードタイプのバッグはレディースライクにならないようサイズをやたら大きくすることが多いですが、このサイズ感が一番スマートかつ堂々としています。

外のカフェで仕事をするとき、カジュアルなミーティングに行く時などに持ちたいエレガントなバッグです。

AUGUSTO 本日よりオンラインストアで受注開始

さて、AUGUSTO アウグストのエレガントな2種類のバッグを本日よりオンラインストアで受注開始いたします。

先着10名限定のスペシャルプライスになっていますので、ぜひこの機会にご検討くださいませ。

Navona ナヴォナ

初回限定価格  ¥128,000(税込)

サイズ 40cm(幅) × 32cm(高さ) × 13cm(マチ)

色バリエーション Black, Brown, Navy, Roman Beige

納期 3〜4ヶ月

Condotti コンドッティ

初回限定価格  ¥120,000(税込)

サイズ 40cm(幅) × 30cm(高さ) × 12.5cm(マチ)

色バリエーション Black, Brown, Navy, Crema

納期 3〜4ヶ月

 

通常価格よりもかなりお得です。

公式オンラインストアにて受注しております。

ご不明点があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

,
こちらの記事もおすすめ
Latest Posts from PROFESSORE RAMBALDI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA