NICOLA GIORDANO からの3つの贈り物

ニコラ・ジョルダーノは真面目な男だ。常にイタリア中、ヨーロッパ中を飛び回ってオーダーを集めてきては、サルトリアに帰ってきて職人たちと打ち合わせ、秘書に指示を出し、そしてカッティングをしている。

サルトリアを訪れる人々はもちろんスーツやジャケットを求めてくるが、それ以上に彼の人柄を求めてやってくる。時に冗談を言い、うまいものを愛し、そして仕事にプライドを持っている。

私がサルトリア・カラッチオーロを初めて取り扱い初めたとき….(もう4年以上も前のことだ)勿論クオリティは高かったが、ここまでの美しさではなかった。それは彼らが常に向上心を持って、クオリティを高めている証である。

さて私が絶大な信頼を寄せるニコラ・ジョルダーノだが、注文が殺到してなかなか納品できていないものもある中、彼からの贈り物(クリスマスプレゼント)を紹介できることになった。

今回は3つの美しすぎる生地のキャンペーンである。

1. PURE ESCORIAL ピュア・エスコリアル

まずはピュア・エスコリアルのスーツだ。

エスコリアルについて今更くどくど説明する必要はないだろう。

日本で買ってもイタリアで買っても非常に高級で、その分素晴らしい着心地を約束してくれる圧倒的なラグジュアリー・ウールである。

美しいブルーがかったネイビーである。そして上品で控えめでありながら、一見して普通のウールとは異なることが分かる光沢感。それ以上にエスコリアルらしさを感じさせるのが、この柔らかさと伸縮性だ。

エスコリアルに比べても更にラグジュアリーな生地は存在する。しかしこの伸縮性を持つ生地は他にはないだろう。エスコリアルのスーツは英国製ウーステッドのドレープ感はそのままに、まるで羽衣を着るかのように柔らかく、リラックスした着心地なのだから。

2. Super 180’s & Cashmere ウーステッド

今度は濡れたような光沢のとびっきりラグジュアリーなウーステッドだ。Super 180’sにカシミアを混紡した生地といえば、実物を見なかったとしてもその滑らかさを想像するのは容易だ。

ただし一つ特筆すべきことがある。それはこの生地がよくある(と言ったら失礼だが)イタリア製の超高番手生地ではなく、あくまでクラシックな英国製のウーステッドであるということだ。

英国製のウーステッドでこれほどの高番手生地は非常に珍しく……そして恐ろしく高価だ。

しかしその代わりにSuper 180’sとは思えない目付けと力強さがある。

パーティや重要なビジネスシーンにおいて、これを上回るスペシャリティは存在しないだろう。

3. Loro Piana Super 150’s

これはまたL’altro Mondo (別の世界)である。

Blu Nettuno ネプチューンの青とも言うべき深いネイビー。シルクのようなさらりとした質感のSuper 150’sだ。

何度も紹介しているように、イタリアのビスポーク界ではHolland & SherryやEUROTEXなど様々な生地が愛されている。しかしその中でもトップとされているのは常にLoro Pianaだ。

これはクオリティの話だけではなく、格式の話でもある。イタリアの大企業のCEOたちやローマを歩く官僚たち、そして大統領に至るまで。最高峰といえばLoro Pianaなのである。

しかしどんなLoro Pianaでも良いわけではない。彼らが選ぶのは例えば….この生地だ。

エレガンスの頂点、この言葉がふさわしいだろう。どんな人にも似合うオーセンティックなカラーでありながら、全てのスーツを超越する格式高さを持っている。

私が仕立てるなら、極限まで無駄を削ぎ落としたダブルブレステッドのスーツだ。

NICOLA GIORDANO からの3つの贈り物

ということで久しぶりにこの形式のキャンペーンである。

以上の三つの恐ろしくラグジュアリーな生地たちを、実に魅惑的な価格にてご案内しよう。

1. PURE ESCORIAL ピュア・エスコリアル × Nicola Giordano MTM スーツ(仮縫い付き) 売り切れ

2. Super 180’s & Cashmere ウーステッド × Nicola Giordano MTM スーツ(仮縫い付き)

3. Loro Piana Super 150’s × Nicola Giordano MTM スーツ(仮縫い付き)

通常価格 493,735円(税込) → 特別価格 330,000円(税込)

・東京出張、静岡の店舗で採寸&仮縫い対応。

・新規のお客様にはアウグスト ローマのカードケース(40,000円相当)をプレゼント。

お問い合わせはコンタクトフォームから。