こんにちは、プロフェソーレ・ランバルディ静岡の大橋です。
今日は皆さんに当店で扱っているナポリのブランド、キートンをご紹介させていただきます。

すでに皆さんご存知のことかと思いますが、このキートンというブランドは世界最高峰の既製服としてブリオーニと並んで名を馳せているブランドです。
あまり高級イタリア服と縁のない静岡でも、「キトンか、俺はブリオーニをよく着ていたんだよ」と年配の方がおっしゃることは多く、さすがバブルの頃のクラシコ・イタリアブームから知名度の高いブランドなんだな、と感じております。


キートンは、サルトリアの手法を非常にラグジュアリーな既製服に落とし込んだ稀有なブランド。
先ほど名前の出たブリオーニが現在よりモード、デザイナーズブランド系の路線へと進んでいる今、クラシックな仕立て服でここまでのラグジュアリーさを表現しているのは、キートンだけかもしれません。

Super 180’s ウールやカシミアといった高級素材を贅沢に使い、高い職人技によって仕立てられるキートンは、数多くあるイタリアのクラシコ系ブランドの中でも頂点にあるブランドだと言われていますね。

既製服キートンはビスポークを超えるか?

私がプロフェソーレ・ランバルディ静岡でキートンを扱っているとよく聞かれるのが、「ビスポークやってるんだったら、既製服は必要ないんじゃないの?」「いくらキートンでも、ビスポークにはかなわないでしょう」ということ。
もちろんビスポークは素晴らしいものです。しかしこれまで何百着のキートンを見てきて感じたのは、ビスポークとキートンはまた違う世界なのだということです。

ビスポークはいわば、あなたのスタイルを表現するものです。数あるファブリックの中から「これだ」というものを一つ選び、自分のスタイルをディテールやシルエットで表現していく。
それは非常に奥深く面白い世界で、やはり多くの洒落者がビスポークにたどり着くのですね。

それに対してキートンは、いわば体験です。プロフェソーレ・ランバルディ静岡のロゴの下にはBESPOKE & EXPERIENCESとありますが、ちょうどキートンがこのエクスペリエンスに当たるのですね。
他のブランドではちょっと見られないような極上のファブリック、キートンならではの完成された端正なシルエット。そして何よりも世界最高の既製服と言われるキートンを着るということ。
これはある意味ビスポークと匹敵するほど、男にとっては貴重な体験なのですね。

男の「格」は決して着る服だけで決まるわけではありません。
しかし素晴らしい服を着ているとき、その人はいつになく自信に満ち、余裕があるからかいつにも増して魅力的に見えるものです。
最上の素材で仕立てられたキートンを着て1日を過ごすということ。それ自体が特別な経験なのであり、その人の格をぐっと上げることになるのです。

そういう意味で、キートンはビスポークにも勝るとも劣らない魅力があります。

キートンにも、グレードがある

しかし重要なのは、キートンにもグレードがあるということです。
キートンにしても、サルトリアで仕立てられるビスポークと同じく、職人の手によって作られています。
ですからキートンは使われている生地がよければ非常に丁寧で美しい仕立てとなりますが、逆にあまり良いとは言えない生地を使用した場合は作りが雑になることも少なくありません。

キートンで品質の悪い生地が使われるの?と思われるかもしれません。もちろん品質の悪い生地が使われることは滅多にありませんが、しかしその贅沢な価格に見合わない至って標準的な生地が使われることがあります。
ショップの別注によって仕入れ価格を下げるために生地のグレードを低くするのが主な理由ですね。

ですから同じキートンでも、本当に良いものを選ぶことが大切です。
プロフェソーレ・ランバルディ静岡ではそういったことも考え、スーツはSUPER 180’sウールやカシミア100%をメインに、ジャケットも生地や仕立ての良いものだけをセレクトしています。

キートン。

最高級ブランドのキートンだからこそ、そのブランドタグだけにとらわれることなく、冷静にその品質を見分けること。そうすることで、きっとライフスタイルが変わってしまうような、極上のキートンと出会うことができるはずです。

キートンは、日々の生活で使えない?

キートンを取り扱っていてお客様に言われるのは、「キートンは着ていくところがないし、扱いが大変!」ということ。そのとき私は「すみません、その通りです」と笑うのですが、本当に贅沢なキートンは確かに繊細です。
どこかに着ていくことがためらわれ、室内で試着ばかりしてしまい、全然活躍させられないというお客様もいらっしゃいました。

しかしキートンは、着れば着るほどその良さが感じられます。
職人の手によってあまく縫われた縫い目が着込むごとに体に馴染んでいき、最後はまるで体の一部かのようにしっとりと包むような着心地になっていく。
こなれてきた生地は極上の手触りや光沢感を維持しながらも、より柔らかくふんわりとした質感へと変化していきます。

キートンのジャケットは極力クリーニングに出さないよう、注意しなければなりません。しかしそれさえ守っていれば、キートンのジャケットも意外に普通に着込んでいけるものです。

手元にすでに数年にわたって、何度も何度も着込んでいるキートンのジャケットがあります。カシミアにリネンが少しだけ入った繊細な生地で、着始めるときにはやはり少し緊張したのを覚えています。
しかしかなりの頻度で着ており、小雨にやられたことも何度かあるにも関わらず、ジャケットはいい雰囲気です。少し毛羽立ったカシミアは、アイロンを軽く当ててあげると光沢感も復活します。

人生でジャケットを着る回数は、多かれ少なかれ限られています。
せっかくですから、着ているだけで自信を持てるような特別なジャケットを着て、毎日を過ごしたいですね。
これまでキートンに挑戦されたことのない方も、ぜひ一着手に入れて、そして体験してみてください。

,
こちらの記事もおすすめ
Latest Posts from PROFESSORE RAMBALDI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA