こんにちは、プロフェソーレ・ランバルディ静岡の大橋です。

今日は皆さんに、お馴染みニコラのブランドであるSpacca Neapolisの中でも、ハンドロールが美しいシルクネクタイを紹介したいと思います。

私がナポリのFabio Sodano ファビオの工房で、ニコラとエスプレッソ片手に打ち合わせをしていたとき。ニコラが「新しく手に入れてきた生地だよ」ということでたくさんのシルク生地を見せてくれて、その中から選んで作ってもらった一本です。

私は日本人ゆえに……というよりは私の無知ゆえに、オーダーするときいつも「裏地なしの、セッテピエゲにできる?」と聞いてしまっていたのですが、これは良いことではありません。

シルクの生地はそれぞれ厚さが異なり、生地の表情も違います。

厚手の生地の場合にはセッテピエゲにするとボリューミーになり過ぎてしまうことがありますし、逆にかなり薄手の生地の場合には芯地をしっかりと入れて、裏地をキュプラで仕上げるのが一番良い結果になることが少なくないのです。

どうも「仕様」が先に欲しくなってしまって、本当の目的を見失ってしまいがちなのは、色々な分野において言えることですね。本当は生地に合わせて、適宜選んでいく必要があります。

そういうわけでこちらはニコラに任せたところ、こちらのSpacca Neapolis ネクタイは裏地なしのハンドロールで仕上がってきました。

なんと美しい手縫いの仕上げ!柔らかく仕上げたハンドロールはもちろん、おもて面に現れるステッチの陰影がたまりません。

実はこのシルク生地は裏表で色が異なっており、ちらりと裏面に見える色合いがとても良いアクセントになっています。

このSpacca Neapolisのようなシャンパンゴールド系の色合いは、ネクタイでは意外と少ないですよね。ネクタイで人気なのはやはりネイビー、赤、ブラウン、グレー等ですが、こういったゴールド系は、華やかな印象になるのでおすすめです。

こちらはSpacca NeapolisのネクタイをFabio Sodano ファビオ・ソダーノで仕立てたジャケットとトラウザーズに合わせて着こなしたときの写真です。

ジャケットはスキャバルの、ややネップ感のあるキッドモヘア混生地で仕立てたもの。そのためSpacca Neapolisのシャンタンのシルクと素材感がマッチします。またベージュ系のアイテムと合わせると、着こなしにより統一感が出ます。

ところで一般的にはネクタイの長さはトラウザーズ、ベルトに半分掛かる程度と言われていましたが、今はそのルールに当てはまらない着こなしが多いですね。

最近は少し極端なクラシックがトレンドなこともあって、股上の深いトラウザーズが多く、ベルトの長さはむしろ上半身とのバランスで考えるのが良いでしょう。

このSpacca NeapolisとFabio Sodanoを組み合わせた着こなしでも、やはり長さは全体のバランス感で考えています。

Spacca Neapolis のネクタイは、何が他のブランドと違うのか?

正直なところ、形や製法の決まっているネクタイというアイテムの中で、他のブランドと差をつけるのは難しいところです。

しかしあえて言うのであれば、私はニコラのナポリ仕立てとファッションに掛ける情熱、そして彼の製法や仕様の選び方、そして彼に委ねられた色柄の感性こそが、Spacca Neapolis のネクタイの最も大きな特徴だと思います。

Spacca Neapolis スパッカ・ネアポリスのネクタイにはニコラ・ラダーノというファッションリーダーのセンスが鮮烈に現れています。

すなわちこのSpacca Neapolisのネクタイは、他のどんなブランドよりも強くオーナーの情熱を感じられるネクタイなのです。

, ,
こちらの記事もおすすめ
Latest Posts from PROFESSORE RAMBALDI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA