こんにちは皆さん、ニコラです。

今日はナポリの若いサルトについて話しをしたいと思います。彼はまだ29歳(現在31歳)であるにも関わらず、偉大な経験と素晴らしいキャリアを持っているのです。

彼の名前はFabio Sodano ファビオ・ソダーノ。

サルトとしての最初の仕事は彼が14歳のときに、ヴェスビオ火山の麓の小さなサルトリアで始まったのです。

18歳のときファビオは、基本的な技術を学びなおすために、Kiton キートンのビスポーク部門の学校へ行くことに決めました。彼はそこで2年半を過ごし、学校とワークショップを往復していたのです。

Fabio Sodano ファビオ・ソダーノはKiton キートンでさらに10ヶ月を過ごすと、それからCesare Attolini チェザレ・アットリーニに移籍しました。さらにIsaia イザイアで4年間サルトを務め、ミラノ店ではビスポーク部門のヘッドカッターにもなり、同部門のクオリティ向上に貢献したのです。

Fabio Sodano ファビオは最後の約一年を、Sartoria Partenopea サルトリア・パルテノペアで過ごしました。そしてついに、自分のアトリエをカサルヌオーヴォの近く、彼の故郷であるアナスタージアに開きました。

全ての経験と修行の後、2012年に彼は仕立てへの強い情熱を元に、自分自身のサルトリアを開くことを決めました。メインのスタッフは彼の幼馴染であるパスクァーレと、熟練の職人を含む3人です。(2017年現在では、約10人のチームとなっているようです。)

Fabio Sodano ファビオのジャケットは、典型的な「ナポリ仕立て」です。非常に軽く、少し弓なりにカーブしたショルダーを持ち、雨降らしの袖付けとなっています。常に忘れられることのない手縫いのダブルステッチは、彼の幼馴染のパスクァーレによるものです。

そしてラペルは大きく、胸ポケットは小舟のようにカーブし、スポーツコートでは袖ボタンを一つだけつけることもあります。

個性的なのは、Fabio Sodano ファビオがトラウザーズも作るサルトリアだということです。どんなプリーツにも対応し、ハンドステッチで飾られ、ボタンホールも手縫いで仕上げられます。

ここに、Fabio Sodano ファビオの仕立てや、彼の仕立てる服のディテールに関するいくつかの写真を残していこうと思います。

 

それでは、ニコラ。

, , ,
こちらの記事もおすすめ
Latest Posts from PROFESSORE RAMBALDI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA