Sartoria Caracciolo ナポリ仕立てのバルカラーコート(ご納品)

こんばんは、プロフェソーレ・ランバルディ静岡の大橋です。

今日は最近お客様にお納めしたサルトリア・カラッチオーロのバルカラーコート(ステンカラーコート)をご紹介しましょう。

サルトリア・カラッチオーロによるこのコートは実に印象的なスタイルを持っていますが、そのコンセプトは至ってシンプル。出来るだけテーラードな雰囲気をそのままに仕立てたバルカラーコート(ステンカラーコート)です。

襟型は後ろが高い典型的なバルカラー(ステンカラー)のスタイルですが、下襟は殆どチェスターフィールドコートのような形。あくまでサルトリアの作品であることが一目見てわかります。

上襟はカッティングで絶妙に立体感を作り出しており、襟を立てた時に絶妙なカーブを描くようになっています。もともとバルカラーコートというとかなり男性的で無骨な雰囲気がありますが、こちらはむしろ少し優美でスマートな感じと言えるでしょう。

またラグランではなくマニカ・カミーチャのセットインスリーブで仕立てているところに、ナポリのサルトリアとして矜持を感じます。

実に見事な雨降らしのギャザーは、セットインで肩をスタイリッシュに見せながらも、ラグランにも通ずるリラックス感を生み出しています。(ついでにアームホールに沿って入るハンドステッチもまた、良い味を出していますね)

袖のディテールはスリーブストラップというよりは、ベルトといった方が良いでしょう。美しい手縫いのボタンホールと、手縫いの鳥足掛けで留めた表情豊かなボタン。そしてハンドステッチ。

内側を見ても、その美しさは変わりません。最高級のコートにふさわしい仕立てです。

比翼仕立てはバルカラーらしくて魅力的なスタイルですが、手間は倍増します。しかしサルトリア・カラッチオーロはこちらが指定しなくても、その点をしっかり守って仕立てて来るのがさすがです。

最後になりますが、こちらのお客様にお選び頂いた生地は、最高峰のキャバルリーツイルであるHolland & Sherry ホーランド&シェリーのダコタです。なかなか良いお値段の生地ですが、その独特の光沢感と色合い、そしてハリのある生地感はやはり極上です。

どんな生地で仕立てるかによって、一気に雰囲気を変えるのがこのバルカラーコート。

デニムに合わせるのであれば薄手のガンクラブチェックウールで仕立ててもお洒落ですし、クラシックなウーステッドで仕立てるとスーツによく似合います。同じダコタのチャコールやネイビーも良いですね。

良いアイデアが浮かんでしまった方は是非、お問い合わせくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA